無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師
無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師 無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師
  1. 新幹線の中、わたしと乙女座の月(2017年7月26日)
 

新幹線の中、わたしと乙女座の月(2017年7月26日)

2017/08/07 新幹線の中、わたしと乙女座の月(2017年7月26日)
こちらのページでは、自分のホロスコープを使って個人分析を掲載しますね。
私のホロスコープでは乙女座は第9ハウス。

星の上では、月は乙女座を移動し、土星からの制限がある時。

・感情は分析的で思慮深い。
・責任感の強さによって、心が落ち着かない。
だからこそ、ミスを防ぐ方法を掘り下げて考えられる。
また、双子座の金星は様々なアイデアは柔軟な姿勢によって、ひらめく可能性。等と解釈が出来ます。

個人のホロスコープでは、もう少し自分の人生に沿って見ていく事になるのです。
乙女座や双子座、射手座のハウスが示す意味を把握しておかれる事が重要で、それが分かるとホロスコープ図を活かしやすいですよ。

わたしはこの記事を書いている時、ちょうど新幹線の中。
移動する先にある思わぬお話に、ドキドキしながら〜星を眺めていました。

ちょうど、私のネータルチャートの双子座の月の真上にトランジットの金星が乗っているものの…
トランジット射手座土星や乙女座月と金星とコンジャンクションしているネータル双子座の月は、T字スクエアです。

この月はDes(ディセンダント)第7ハウスの起点に接するため、人とのご縁や紹介によるラッキーな出来事と考える事が出来ます。

7ハウスの月に金星がコンジャンクション。まさしく向かっている先へのご縁を示すものであれば良いなぁと思うばかりです。

私自身は1ハウスにめぐるトランジットの土星によって、やるべき事に追われていても何事も真面目にこなす事が必要と解釈しています。

もしくは、あまり堅苦しくなる事で、相手に接しにくい印象を持たれないように注意というようなムードにも…。

ホロスコープは相反する動きがあって当然。
個人的には良い悪いだけで判断しません、でもその事象は様々なバランスの上で成り立っていると思う…。

だから、トラブルが起こりやすい可能性があるから、対処をするとの具体例をいくつも出す事が重要なんです。一つに決めずに…

大体何かがある時には、こうした緊迫した配置図であることが多いのですが、今回のこれは私にとってはとても大切なこと。最優先するべき事だと判断しています。

土星は、責任感を示すために明日から2日間連続で占星術講座があったのですが、土星の抑圧に負けずに物事をこなすようにとの天体からのメッセージを感じていました。

この土星と月はネータルチャートでは180度です。プレッシャーを与えてしまうのは、「自分が相手に対して」の方が強いのも、1ハウスの土星から7ハウスの金星であるからかもしれません。

この日の顔合わせは、本当に思い出しても恥ずかしくなるほどにプレッシャーが掛かって、説明が上手く出来ないという感じでした…。

もしや、星の世界を見ているから不安がよぎるのかもしれませんが、わたしのような小心者はまだこの事を予想している方が進めるのです…--;。

プレッシャーに負けなければ、(乙女座の月)は9ハウスで洞察力を活かすことで、自分の理想とする場所へいける道を自然と理解できる。と判断できます。

このお話、どうなるのか?!未来に起こってくる事象とリンクさせて、お伝えしたいと思います。
上手くいけば本当にありがたいお話。すごくやってみたいんです。

でも、先方さんが決める事…私は勉強するほかありません。土星の第1ハウス。困難な道をクリアできるのか?!