無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師
無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師 無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師
  1. 月とわたし
 

月とわたし

このページはわたしの個人ホロスコープと月のめぐりについて書いています。
月はあなたにとって何でしょうか?わたしにとっての月と、あなたにとっての月はきっと違うはず…。

天体は無限大の可能性の中で、あらゆる意味を持つことをお知らせしたいと思うので、わたし自身の現実に起こった事をレポートしていこうと思います。

ホロスコープをある程度わかる方しか分からないかも?!ですが、良かったらお付き合いくださいね。

占星術で言うところの月は、2〜3日で次の星座(サイン)に移動していきます。その際に、様々な天体たちと接点を持ちます。月の持つ力が、各星座に現れた時に一体どのような事象が起こせるのでしょう?
わたし自身のネータルチャートの月のトランジットを解説しています。

仕事メインの毎日、山羊座の月(2017年9月28日)  
このコーナーでは、私のホロスコープを解釈しています。移動中に星の動きを観察しております。ここ数年は土星が私の射手座のアセンダントの軸に接近したり離れたりしながら、個人の(個性を抑圧されるような感覚)を持っていました。簡単に言うと自信の喪失…でしょうか。

新幹線の中、わたしと乙女座の月(2017年7月26日)  
星の上では、月は乙女座を移動し、土星からの制限がある時。
・これだけなら、感情は分析的で思慮深い。
・責任感の強さによって、心が落ち着かない。だからこそ、ミスを防ぐ方法を掘り下げて考えられる。また、双子座の金星は様々なアイデアは柔軟な姿勢によって、ひらめく可能性。等と解釈が出来ます。