無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師
無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師 無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師
  1. 上手くいかない4つの原因

上手くいかない4つの原因

上手くいかない4つの原因

北・南・東・西半球 10天体の偏りに注目する

上記のイラストのように、ホロスコープの12ハウスに位置する10天体の「偏り」に注目してみて下さい。
恋愛問題や結婚、人付合いに至るまで…様々なことを克服することが出来るかも?

  • ホロスコープ作成の方法や半球の偏りについて分からない方は、下記の動画をご覧ください。
    ※鏡リュウジ先生の星のワークブックについているCD-ROMを使っていますが、この動画は星のワークブックとの関連はありません。

 あなたの恋愛のクセは、4つのパターンのうちどれに当てはまるのでしょうか?

北半球への偏り ◆小さい頃の家庭環境 両親からの愛情不足 
<両親が不在、もしくは離婚、別居、死別などで小さい頃に親から愛情を受け取れない環境で過ごされた場合>
幼少期の家庭環境は、成人後の恋愛関係に影響すると考えます。恋人や好きな異性に対して愛情表現が乏しくなる事があるようです。父親が単身赴任や死別などの環境にある時、家に男性が不在で育つために男性への免疫がありません。それが、男性と深く付き合う事が出来ない、もしくは相手に自分をさらけ出せない等の原因になる事があるとも考えられます。私の鑑定実績の上でも、現実的に男性への愛情表現が不器用になるケースが多く存在しています。その他にも両親が自営業でいつも鍵っ子であったり、不仲である時もパートナーシップを築く上での問題となる事があるように見えます。但し、両親がお手本にならない環境で育った場合も、社会人となり出会えた相手のタイプによっては、それが反面教師となってより良いパートナーシップを築く事が出来るようになる人もいます。但し、母親との信頼関係が深い程、異性関係が希薄になる事もあるようです。また、人はどこかに所属して生きている事が多いので他人と暮らす前に「社会的な活動により、その一員になること」ができれば、恋愛や結婚への恐れが無くなる可能性も…。


東半球への偏り ◆自分を守り、誰にも本心を言えない 
<自分の本音を伝えられない傾向があり、他人との間に極端に距離を作ってしまいため、相手から理解されにくい場合>
例えば、自分に与えられた仕事などを他人に任せられないのは、「責任感が強い人」であるという反面、他人を信じていないという一面を持っています。勿論その度合いにもよりますが…。結果的に、相手の気持ちを無視して自分だけで物事を判断すしてしまい、何でも自己完結する方がラクに感じてしまうタイプの方です。相手と本音で向き合うことが出来ず、真剣な話合いを恐れて表面的に付き合う可能性があります。誰とも深く関わらずに、自分を守ることを優先しがち…。極端な例になると、対人関係と向き合うことを避けて、好む相手に対してさえ、自然消滅をさせてしまったりすることがあるかもしれません。このタイプの方の問題の克服ポイントは、「他人を信頼すること」です。他人を信じることは、「思うようにやってくれない」「相手が責任を持たない場合」など、リスクが増える事もあります。但し、何かを築いていく際に、自分がやるよりも良い物を作り上げる事が出来ます。また、自分が他人から信じてもらえる事にはつながっていく事もあるでしょう。なぜ、それほどまでに「他人を信頼できないのか?」という原因についてよく考える事が人生のテーマとなってくるかもしれませんよ。

南半球への偏り ◆ハードワークにおける恋愛への優先順位の低さ  
<仕事や日々の用事で忙しく過ごすタイプの人、家に居ない事が増えるなどプライベートが極端に不足してしまう場合>
目標がある時には、社会活動が主になりプライベートが極端に不足してきます。本当はホッとできる自分の居場所が求めているのに、そうした時間を優先せず世の中や人の用事を請け負うためだけに生きてしまう傾向が…。家庭がある場合なども、それが原因で家庭サービスなどを怠ってしまう事があるかもしれません。こういった人は、オフを作ることが必要となります。懐かしい相手や信頼のおける(利害関係のない人間関係)を築いていくことが必要となることも…。もし独身の場合は、結婚や家族、子供を持つなどを視野に入れておかないと、安心できる環境を得る事が出来なくなる場合もあります。もし、家庭を顧みず社会的な評価ばかりを追い求めた結果、会社や組織などの都合で突然に地位や立場を失う事もあるのです。ですから、心が満たされる環境をおろそかにしない事も視野に入れることを考えてみて下さいね。
なぜ、それほどまでに社会からの評価が必要なのか?をよく考える事が人生のテーマとなってくるでしょう。

西半球への偏り ◆自分を犠牲にして、他人に合わせ過ぎる 
<自分を犠牲にして相手に合わせる傾向、世間体など他人の目を気にし過ぎる場合>
自分の意見を相手にゆだねてしまい自我をうやむやにして物事を決断する事がしにくい傾向。
いざという時の重要な判断を相手に委ねるので、他人が優位となる状況をいつの間にか作り出してしまうかも…。その結果、我慢するばかりとなって不満が募る可能性が…。例えば、付き合うタイプによっては、相手から大切にされなくなったり(そう感じるようになったり)実際に自我を尊重されなかったり、他人の言いなりになってしまう事があるのかもしれません。結果的にいつか爆発してしまえば、人間関係を壊す原因にもなりかねません。普段から自己開示をすることを恐れずに、自分がどうしたいのかを冷静に相手に伝える勇気を持つことが必要になります。「自分が本当はどのように思っているのか」本音についてよく考える事がテーマになってくるでしょう。極端に言えば、時には相手の気持ちを無視することがあっても問題ありません。自我を優先することは、時々相手の意見を抑えつける事にもなって当然なのですから。その上で、妥協点を見つけることが出来れば良いのです。



《恋愛Q&A》

長年お付き合いしている彼がいますが、結婚に踏み切ってくれません。私はどうすれば良いでしょう?」

相手と同棲していますか?

相手との付き合いの長さ、「同棲している」など置かれている状況によってこの答えは様々です。
これは個人的主観と鑑定実績において考えてみた回答ですが、私は結婚が決定していない段階での同棲は「婚期を遅らせる原因」を作ると考えています。
もし、同棲したい相手と結婚を希望しているなら、相手に流されずお互いの将来について一度しっかりと話し合う時間を持つ事が大事なのではないでしょうか。

同棲が男性にとって居心地の良い環境となってしまえば、「結婚へのきっかけ」を失っていくものですし、結婚していない関係性は「相手が自分に責任を持ってくれない」事を、あなた自身が承諾しているのと同じと思います。
よく考えるとあなた自身も「彼はどうせ私に責任を持つ気が無いんでしょう」という具合に、相手と信頼関係を築こうとしていないのでは?
相手に思いを伝えるのは怖いと思いますが、同棲が長くなればなる程、結婚に踏み切るタイミングを失ったり、相手が大切にしてくれない、努力してくれない、と不満となってくる事が多いようにも思います。もちろん、すべての男性が同棲していると結婚しないとは言いませんが、「きっかけ」を無くすのは同棲のリスクと言える気がします。「同棲」となった時点で、「いい加減な関係になるのは嫌なので結婚を」と言えば良いと思いますよ。
この時点で、親を紹介するのも相手の心が真剣がどうか判断する材料になりますよね。勿論、お付き合いして3カ月程度で焦るのも違うとは思うのですが…。
相手のタイプや様子を見ながら、お互いの意志の疎通を大切になさって下さい。

相手の星座は何でしょうか?

下記のアドバイスは太陽星座(本質的な性格傾向)を優先して書いたものです。
※占星術はあくまでも、10天体の配置図を見て判断しますので、1つのパターンでは読みが甘くなります。それを視野に入れて頂き、ご参考になさってくださいね。

お相手が風のエレメントであるふたご座、てんびん座、みずがめ座の場合
お相手が風のエレメントであるふたご座、てんびん座、みずがめ座の場合、束縛を嫌い自由を好む傾向があることが考えられます。このタイプと結婚する時は、お互いの生活スタイルの尊重も必要となってきます。恐らくこの星たちは、寂しがり屋なタイプを窮屈に感じてしまう場合もあると思います。相手に依存的になれば、音信不通等になりやすい傾向もあると思うので気をつけて下さい。個人的には一番「結婚」というスタイルが合わないのではないかと思っているグループです。ですから、結婚について相手とよく話し合う事が最も大切なグループだと言えそうです。

お相手が地のエレメントであるおうし座、おとめ座、やぎ座の場合
地のエレメントのおうし座なら経済的負担に不安を抱くことを解消しないといけませんし、おとめ座は相手の容姿やタイプ、やぎ座なら家庭環境などにこだわる傾向があります。要するに、他のタイプよりも目に見えている部分「現実的リスク」について細部まで考えてしまうでしょう。自分の両親の世話をしてくれるだろうか、年齢を重ねても共に必要として歩めるだろうかなど。慎重な性格となる原因には、現実をよく理解しているせいかも…。
あなたの結婚観を明確に開示する事で、お互いに努力し合って信頼関係を築いていくのはいかがでしょうか。

お相手が火のエレメントであるおひつじ座、しし座、いて座の場合
火のエレメントであるおひつじ座はすぐ物事への情熱が冷める傾向があり、思ったタイミングで結婚できない場合や自分自身のルールに合わない場合は途端にやる気を失う事があるかも?ただし、相手が謙虚に出てくると受け入れる単純さも…。しし座は日常にドラマを求めているため、相手を美化する傾向により相手に厳しいジャッジをしがちです。いて座は人について考えるよりも、自分の目標を追い求める事や向上させる事を優先しやすいため、かなり愛情豊かな人でなければお付き合いを継続できないのかもしれません。基本的にはストレートなお願いが効果的なグループです。

お相手が水のエレメントであるかに座、さそり座、うお座の場合
かに座、さそり座は人を好きになるまでに時間が掛かる事があります。かに座は家族や身近な人のみを信じます。さそり座は身近な人でも信頼できない場合があるのです。裏切られる事への恐れがあるからでしょう。感情を優先する星であるため、人の気分の変わりやすさを身を持って理解しているからかもしれませんね。うお座は、愛情というより共感が優先されます。共感し納得できればリズミカルに結婚を決める事もあるでしょう。一緒に居ると自然と情がわいてくるグループです。但し、言わなくても分かってもらえると考えている事があります。ですから、物事を自分から進展させようとしないかも。その姿にあなたはイライラするかもしれませんね…。
待ちの姿勢よりも、あなた自身が相手をリードした方が手っ取り早いかも…。

このように、12タイプ論だけでも12種類の性質があり、これが太陽と月になれば1440種類。10天体となれば14400種類となるのです。組み合わせは、すごいパターン数になりますので太陽星座だけで相手を判断できないと思います。ですから、実際にはパターン化してリスクを避ける事などできません。極論から言えば、対策は相手を信頼して当たって砕けるしかありません。
但し、相手に不満をぶつけるだけでは「結婚」という「ゴール」には到着しません。目標達成のために考え方を変えたり、相手の性質を理解して対応すること、相手の性格を知ろうとする「努力」が必要ですよね。
当てはめてこじつけるのではなく、長所や短所を把握する材料として考えた上で、相手への対応を工夫するために活用してくださいね。占いは柔軟に活かす事が肝心です。