無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師
無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師 無料で読める占いサイト 大阪 Web文章 占い原稿執筆記事 トライン大阪株式会社 占い師
  1. 何もない普通の日。
    風が吹いたら読書をしませんか?

何もない普通の日。
風が吹いたら読書をしませんか?

何もない普通の日。
風が吹いたら読書をしませんか?
こんにちは。このページで執筆を担当しております山田ありすです。
何もない普通の日。風が吹いたらここへ来て、占い記事を読んでみませんか(^^)

悩みがあっても人に相談できない、
自分で解決しようとしてしまう、
極端に気を遣い過ぎる、
このページにたどり着かれたあなたは、もしかしたら一人モヤモヤを抱えているのかも…。

でも、大丈夫!!!

もし、「占い好きなあなた」なら「ここに来るだけで元気になる」
「占いに不信感を持つあなた」にも「面白いかも?」と思って欲しい(^^)私は、そんな気持ちで記事を書きますね。

疲れる日、悲しい日、色々な日に。
→自然の中、椅子にゆったりと腰かけて。
お昼 天気が良い日こそ、心地よい爽やかな風の中で、穏やかな心を取り戻そう。
もしお時間あれば、まあ ちょっとここに来て。
風の吹く日は…。Read&Trying

  • あなたはいつも変わらずに 信じられるものがありますか?

    続きをどうぞ・・・
残念ながら私はいつも変わらずに「自分」や「人」を信じ切れません。

いつ何時でも「自分」を「信じる」ことが出来ればサイコーですが、昔から人の思いも信念も、とても変化しやすいと考えています。

占星術的には、この原因が幼少期の母との別れ、母との守られなかった約束にあると知り、随分楽になったのです。

母を長年待ち続けた日々が、人を信じる事への恐れを生み出してしまったのだと考える事は、私にとっての救いであり、本当は 逃げ なのかもしれません…。

それでも、どうしても私にはこの占星術という不思議なツールが必要で、現実とかけ離れた角度から自分を客観的に見ていくことにどんどん惹かれていきました。

問題となっていることの原因を認識しようとする作業は、100%クリアにならなかったとしても、その克服に役に立つと考えています。

例えば、あなたの大切な人の人生を輝かせる事があるのです。

-------------------------------------------------------------------

ところで、みなさまは占いにどんなイメージをお持ちでなのでしょう。
  • 別世界
  • ちょっと苦手
  • 陰質
  • 胡散臭い
  • 余計なことを言われた
  • 違和感
  • ほんまに当たる?

もしくは、
  • 占い大好き
  • 不思議
  • 神秘的
  • 面白い
  • 結構当たる!

など様々なご意見があるかと思います。

私自身は、12年程前まで、
  • 自分の生きる日常とは別世界
  • ちょっと苦手
  • ほんまに当たんの? という派。

今は、先ほどお伝えしたように、私にとって必要不可欠な世界となっています。

こうした世界は、占星術のホロスコープで言えば第9ハウス(精神世界、学問、宗教など)に属する領域かと思うのですが。私がこの世界を学んでいきたい、活かしたい理由。

それは?
  • 人は何か「信じるもの」があるほど  ”強くなれる” と思うからです。
ホロスコープを見る方はご存知かと思いますが、第9ハウスの先に第10ハウスの起点であるMCが存在します。

私自身はMC(社会的達成)への到達には第9ハウスの「学問」と「宗教心」が必要であるからこそ、ここに9ハウスが位置されているのだと考えています。
 
第9ハウスは、自我の起点であるアセンダントAseから、120度のトラインの位置です。
私には、良く出れば癒しや理想の世界。もし悪く出ると、現実と向き合わない逃げともとれる領域にも見えます。
だから、活かそうとする程にそのバランスが必要ですよね。

そして、この宗教心とは、仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、ユダヤ教等の世間でいうところの宗教を指すだけでなく、人が生きるために必要な「理想」それに向かうための「学び」を表していると、私はとらえています。

例えば、家族で行っている宗教活動があるなら、その思想が個人の生き方に大きく影響しますよね。
その思想が合わない場合は、人と人が共に生きる時に邪魔になる場合もあり、宗教の問題は第2ハウスの「価値観」と調整し合う配置だという事にも納得しています。(2ハウス-9ハウスの150度のアスペクトより)

家族のルール、クラブ活動や組織に属した時に持つ仲間同士の共通の考え、もしくはこれが「人」になる時は好きなアーティストや有名人など、師とする人や先輩や上司があなたにとっての「理想」であり、それは生きるために必要な「指針」になる事があるかもしれませんし、だからこそ、理想が壊れる時は、私たちに「絶望」や「喪失感」与える事もあるでしょう。

  • 私にとっては、それが「占星術」です。


当たるかどうかは別にして、困った時(特に冷静な時)は星の意味することを軸にします。
なぜなら、星の世界では、人それぞれが違った解釈をする事が通常だからです。昔から、様々な人が言い伝えてきて、多くの学者があーでもない、こーでもないと理論を膨らませている世界です。これは、どの学問においても「考え方」の違いによって論争のようなものがあるかと思いますが、資格というものが無い分、それにとらわれず個人が信じやすい理論を優先して良い所も気に入っています。反面、資格がないからこそ世間的に認められないわけですが。

  • 世間がどうであれ、私はそれを通じて「自分」を「信じられる」ことがあります。
ですから、私にとってMC(社会的な達成)は、占星術を活かす事を通じて成り立っているのだと思えています。
もし、あなたが誰かにゆだねるのではなく、「ご自分の意志」によって人生の選択をされたいと思われる方には「占い」はとても合ってくると思いますので、ご活用下さいね。

占いも現代では、ひと昔前のように「他人の人生について無責任にあーやこーや言う」ような楽点的な位置付けが出来ない時代になっているのだと思います。
無責任なアドバイスを聞ける程、みんな余裕がある時代じゃ無いからではないでしょうか。

ですから、ご自分で理解して活用してやろうと学ばれる方には、きっと日常のあらゆる決断において、活かす事が出来ると思いますよ。

「何もない普通の日。風が吹いたら占いについて読書しませんか? 」

このページの情報が少しでも皆様のお役に立てるものでありますように。

Read &Trying 
ーあなたがここにお越しになる事で、何かにトライできる場所となりますようにー